治療期間を確保

インプラントは歯の治療法として需要が高まっています。見た目の美しさと歯としての機能をしっかり機能してくれるため、そのほかの入れ歯やブリッジに比べるととても魅力的です。

ただしインプラントを行うためには、いくつかの注意点があります。まずインプラント治療がすぐに取り掛かることができるかどうかによって、治療期間や治療費が大きく異なります。インプラントを埋め込むためには適度の骨の厚みが必要になります。インプラントは骨の厚みが4mm以上なくては固定することができません。そのため当てはまってしまった人は人口の歯で骨を増やすことから始めなくてはいけません。そうなると通常の治療時間よりも2か月から3か月ほど長くなる可能性があります。

また同じく歯茎の状態によっても治療期間は異なります。元気な歯茎を移植し、歯茎の再生をするための治療期間が必要となります。おおよそ2か月長い人では4か月程度かかってしまうため治療期間に余裕をもって計画を立てなくてはいけません。自分お歯茎の状態に不安がある人はなるべく早く治療の開始を始めるようにしましょう。

歯茎にも骨にも異常がないと判断された場合は、レントゲンなどをとることから始めます。流れ通り問題がなければ、2か月から3か月程度で治療が完成することが多いです。