治療の選択肢

今歯の治療法は選択肢が増え、何を重視するのかによって自分の理想の歯の治療を選ぶことができます。まだ若い世代の人ほど歯の見た目にこだわりを持っています。笑ったときの印象や人とモノを食べるときなど歯の状態がよくない場合は、今若いうちからしっかり治しておきたいと感じる人もいます。ただし費用と治療期間の負担が大きいため、インプラントにするかどうか迷う人が多いです。

インプラントの特徴としてあごの骨を削り、インプラントを入れ込むことで歯根と同じ働きをし、天然の歯と同じような歯の使い方ができます。歯茎にも刺激があり、歯茎も健康な状態を保つことができます。そのため、インプラントは見た目だけでなく歯の噛み合わせも良くなるというメリットがあります。インプラントの基本は一本の歯に一つのインプラントを埋め込んでいきます。

しかし前歯がほとんどないなど、ある程度の数がない場合は一本ずつではなく両サイドにインプラントを数本使用という方法があります。手術の負担も少なくなり、きれいな歯並びを手に入れることができます。その人の歯の状態、口内環境、予算などを含めて一番いい治療方法を選択することができます。医師とも相談したうえで治療方針や治療法などしっかりと理解してから始めることがおすすめです。

歯茎の治療

インプラントは歯の治療法として多くの人が選択しつつあります。治療法としては時間がかかりますが、出来上がりの時の見た目、使用感は一番納得いくものになります。そのため治療法の一つとして多くの人が検討しています。治療費は時間がかかりますがその分満足度が高いという意見が多いです。

ただし注意しなくてはいけないこととして、だれもがインプラントの治療を受けることができるというわけではありません。歯茎の状態によってはインプラント後に歯のかぶせ物をしたときに不自然になってしまいます。特に総入れ歯にしている人は、歯茎に全く刺激がない状態が長くなればなるほど、歯茎がやせてしまい歯を支えることができません。またひどい虫歯や歯周病や歯槽膿漏といった歯の病気は歯茎のはれやや出血など影響が出てしまいます。状態があまりにもひどい場合は、インプラントの治療の前に歯茎の治療を行うことが多いです。

歯茎がやせてなくなってしまっている人は、ほかの場所の固い歯茎を切断して必要とすべき所に移植することもできます。また強い歯茎を再建する手術などを行い、インプラントを支えることが出来るようにしてから治療を行いましょう。その分治療時間はかかってしまいますが、インプラントを安定させ長持ちさせるためには欠かせない手段の一つです。