インプラントの特徴

今歯の治療法も年々進化しています。保険適応外で行う歯の治療も多く、治療だけではなく、治療後の見た目や使用感にこだわった方法もあります。そのため自分のより理想に沿った治療法を選択できるようになっています。

特に最近では見た目や使用感で満足度が高いインプラント治療を選択する人が増えています。そこでインプラント治療はほかの治療法と違ってどのような特徴があるのでしょうか。

インプラントはほかの治療法と違う点は手術として扱われるということです。歯茎を切開してあごの骨を削り、インプラントという土台を埋め込みます。そして骨と結合させ上からセラミック状の歯の形をしたかぶせ物をします。ブリッジや入れ歯のように歯茎の上に固定するという方法ではありません。ほかの歯に影響がないため、見た目ではほかの歯との違いが判らないほどの仕上がりになります。仕上がりの見た目の美しさがからインプラント治療を選択する人も多いです。

そしてもう一つの特徴は歯としての機能をしっかり保つということです。入れ歯などの場合は固いものを噛むことに抵抗を感じる人もいます。またお餅やガムといった引っ付きやすい食材も自然と避けてしまう人が多いでしょう。インプラント治療はあごの骨に穴をあけ、インプラントを埋め込むしっかりとした土台を作り上げて歯を固定しています。インプラントが歯根の代わりとして働くため、ほかの歯と同じようにしっかりと噛むことができます。歯の機能性も高いため多くの人に支持されています。