治療期間を確保

インプラントは歯の治療法として需要が高まっています。見た目の美しさと歯としての機能をしっかり機能してくれるため、そのほかの入れ歯やブリッジに比べるととても魅力的です。

ただしインプラントを行うためには、いくつかの注意点があります。まずインプラント治療がすぐに取り掛かることができるかどうかによって、治療期間や治療費が大きく異なります。インプラントを埋め込むためには適度の骨の厚みが必要になります。インプラントは骨の厚みが4mm以上なくては固定することができません。そのため当てはまってしまった人は人口の歯で骨を増やすことから始めなくてはいけません。そうなると通常の治療時間よりも2か月から3か月ほど長くなる可能性があります。

また同じく歯茎の状態によっても治療期間は異なります。元気な歯茎を移植し、歯茎の再生をするための治療期間が必要となります。おおよそ2か月長い人では4か月程度かかってしまうため治療期間に余裕をもって計画を立てなくてはいけません。自分お歯茎の状態に不安がある人はなるべく早く治療の開始を始めるようにしましょう。

歯茎にも骨にも異常がないと判断された場合は、レントゲンなどをとることから始めます。流れ通り問題がなければ、2か月から3か月程度で治療が完成することが多いです。

治療の選択肢

今歯の治療法は選択肢が増え、何を重視するのかによって自分の理想の歯の治療を選ぶことができます。まだ若い世代の人ほど歯の見た目にこだわりを持っています。笑ったときの印象や人とモノを食べるときなど歯の状態がよくない場合は、今若いうちからしっかり治しておきたいと感じる人もいます。ただし費用と治療期間の負担が大きいため、インプラントにするかどうか迷う人が多いです。

インプラントの特徴としてあごの骨を削り、インプラントを入れ込むことで歯根と同じ働きをし、天然の歯と同じような歯の使い方ができます。歯茎にも刺激があり、歯茎も健康な状態を保つことができます。そのため、インプラントは見た目だけでなく歯の噛み合わせも良くなるというメリットがあります。インプラントの基本は一本の歯に一つのインプラントを埋め込んでいきます。

しかし前歯がほとんどないなど、ある程度の数がない場合は一本ずつではなく両サイドにインプラントを数本使用という方法があります。手術の負担も少なくなり、きれいな歯並びを手に入れることができます。その人の歯の状態、口内環境、予算などを含めて一番いい治療方法を選択することができます。医師とも相談したうえで治療方針や治療法などしっかりと理解してから始めることがおすすめです。

歯茎の治療

インプラントは歯の治療法として多くの人が選択しつつあります。治療法としては時間がかかりますが、出来上がりの時の見た目、使用感は一番納得いくものになります。そのため治療法の一つとして多くの人が検討しています。治療費は時間がかかりますがその分満足度が高いという意見が多いです。

ただし注意しなくてはいけないこととして、だれもがインプラントの治療を受けることができるというわけではありません。歯茎の状態によってはインプラント後に歯のかぶせ物をしたときに不自然になってしまいます。特に総入れ歯にしている人は、歯茎に全く刺激がない状態が長くなればなるほど、歯茎がやせてしまい歯を支えることができません。またひどい虫歯や歯周病や歯槽膿漏といった歯の病気は歯茎のはれやや出血など影響が出てしまいます。状態があまりにもひどい場合は、インプラントの治療の前に歯茎の治療を行うことが多いです。

歯茎がやせてなくなってしまっている人は、ほかの場所の固い歯茎を切断して必要とすべき所に移植することもできます。また強い歯茎を再建する手術などを行い、インプラントを支えることが出来るようにしてから治療を行いましょう。その分治療時間はかかってしまいますが、インプラントを安定させ長持ちさせるためには欠かせない手段の一つです。

インプラントの特徴

今歯の治療法も年々進化しています。保険適応外で行う歯の治療も多く、治療だけではなく、治療後の見た目や使用感にこだわった方法もあります。そのため自分のより理想に沿った治療法を選択できるようになっています。

特に最近では見た目や使用感で満足度が高いインプラント治療を選択する人が増えています。そこでインプラント治療はほかの治療法と違ってどのような特徴があるのでしょうか。

インプラントはほかの治療法と違う点は手術として扱われるということです。歯茎を切開してあごの骨を削り、インプラントという土台を埋め込みます。そして骨と結合させ上からセラミック状の歯の形をしたかぶせ物をします。ブリッジや入れ歯のように歯茎の上に固定するという方法ではありません。ほかの歯に影響がないため、見た目ではほかの歯との違いが判らないほどの仕上がりになります。仕上がりの見た目の美しさがからインプラント治療を選択する人も多いです。

そしてもう一つの特徴は歯としての機能をしっかり保つということです。入れ歯などの場合は固いものを噛むことに抵抗を感じる人もいます。またお餅やガムといった引っ付きやすい食材も自然と避けてしまう人が多いでしょう。インプラント治療はあごの骨に穴をあけ、インプラントを埋め込むしっかりとした土台を作り上げて歯を固定しています。インプラントが歯根の代わりとして働くため、ほかの歯と同じようにしっかりと噛むことができます。歯の機能性も高いため多くの人に支持されています。